身体から出る臭いにコンプレックスを感じている人は個性的

人って普通ではないところも持ち合わせていると思います。独特な外見が好きな方、デブが好きな人。それから臭い臭いを好んでいる人がいらっしゃいます。そういう私自身もそうなのです。なぜなら他の人が臭いを嗅ぐと「くっさーぃ」と騒ぎ立てるようなにおいを「そうかな?意外と嫌いじゃないよ、このにおい」なんて言うことがあります。結局は、臭いの感覚なんて人の好みや好き嫌いがあるのです。ニオイの中でも特有なのが「汗のにおい」、「脇汗の臭い」、「足」などいわゆる『体臭』です。この「体臭」を臭いと思うのは人によって差があります。どうしてかというと、其々でニオイを出す材料や量が違う為です。野生動物なんかでも人からしたらみんな一緒に見えるのですが野生動物には違いがわかっています。においもその判断材料の一つになっていると推測できます。なんだかおもしろいですね。一人一人身体から出る臭いにも違いがあり、加えてその臭いをどう感じるかということも個性なのです。そうやって考えると体が出すニオイを気にする方、身体から出る臭いにコンプレックスを感じている人は、ある意味凄い個性を持っている人という事だと思います。そうは言っても何とかしたいな加齢臭・・・。誰かと会うときや仕事に行く前には大蒜は食べないなんてことは一般常識だと思うのですが、食べたすぐ後じゃなくても臭いが残る事がありますよね。ニンニクを食べた後の口の臭いはお口の中だけの臭いではなく、胃から来ているらしく、そこに残っていると臭ってしまうのです。さまざまな口臭が予防できるものが販売されていますが、あんまり効果はないように思えます。一度葫を摂った後の人を車に乗せましたが、大変でした。はじめはあまりにも臭いのでひょっとするとワキガかな?と考えたのですが、たまにその方と接するのですがそんなにおいはなかったので腋臭じゃないとは思いました。その臭いはにんにくが臭っていたのです。自分もにんにくが好きですから、ニンニクの匂いは好きなのですが、流石に胃の中でいろいろな食べ物と混ざって出て来る匂いというのはマジできつかったです。米粒をかむといいとか、パセリを食べると消えるなど色々な解消法があるのですけど、周りの気分を害さないように、量を少なくすることと、人に会う前には大蒜を控えるようにするほうが良いと思います。体臭で困っているのです。特に夏場などはあちこちに制汗剤を塗りつけてから着替えるのです。身体の臭いが強烈なのかバスなどの公共交通機関に乗るとまわりの人が裂けるのです。空いているところに座ったら周りの人は他に移動します。(それは特典みたいなものですよね)お風呂に入ったときにはゴシゴシ洗いますが2時間としないうちに匂ってるかな?と感じるのです。パソコンで調べてみたら、偏食しているのがいけない、と書いてありましたが栄養のバランスの整った食生活をしている為、年齢臭の様な気もしますが。それともボディーソープが私には合わないのか…色々と試しています。オフィスではパフュームはNGなのです。なので出来る限り汗を出さないようUSB扇風機を使っていますが、まったく意味がないのです。社のモットーとしてクーラーの設定を高くしているので冬はいいのですが、夏場は大変です。全身汗まみれです。デオドラントローションが無駄になっています。何か良い方法は無いですかね・・・。
<参考情報>チチガ対策クリームのおすすめランキング